コンシーラーの正しい選びかた

シミやそばかす、クマなどをファンデーションだけでカバーするのはなかなか難しいですよね。
そこでお役立ちなのがコンシーラーですが、自分の肌に合ったものを選ばなければ逆効果になる可能性もあります。
そこで、ここでは正しいコンシーラーの選び方を紹介しましょう。

コンシーラーって何?

まずコンシーラーとは肌の色ムラやシミ、そばかす、クマなどをカバーしてくれるコスメで、ファンデーションの顔料を濃くしていることから「部分用ファンデーション」といわれることもあります。
この名称のとおり、ファンデーションが顔全体に塗るのにしたいしてコンシーラーは気になる部分だけをカバーするために使用します。
ファンデーションでも部分的に使用することはできますが、どうしても厚塗り感になって老けたイメージを与えてしまいがちですが、コンシーラーならナチュラルな雰囲気に仕上げられます。

ミューノアージュ 効果もチェック。

コンシーラーを選ぶポイント

ただ、前述したように自分の肌に合ったものを選ばなければカバーしたい部分が目立ったり肌浮きするなど逆効果になるかもしれないので要注意です。
ではどのように選べばいいのかというと、まず色選びから。
シミやそばかすをカバーする場合には肌の色より若干暗めが基本、明るい色ではそれらが浮いて見えるので目立つ可能性があるからです。
クマの場合はどんなクマなのかが重要で、青クマならオレンジ系、茶クマならイエロー系、黒クマならベージュやパール系がおすすめです。
なお、うまくカバーできなければパール系のコンシーラーで目の下を明るく見せると若々しいイメージを与えられます。
コンシーラーの種類にはスティック、クリーム、リキッドとあり、カバー力の強さはスティック、クリーム、リキッドの順です。
したがって、カバー力を求めるならスティックタイプ、伸びのいいクリームやリキッドタイプは目元用と考えましょう

使用するタイミングに気をつけよう

コンシーラーを使用するタイミングも重要です。
パウダーファンデーションならばコンシーラーはファンデーションを塗る前に使います。
リキッドファンデーションやクリームファンデーションならファンデーションを塗ってからコンシーラーを馴染ませ、その後フェイスパウダーを使用します。
ナチュラルメイクに仕上げるポイントは厚塗りを避けること、そして肌になじませることです。

app-cフラセラム 効果もいいですよ。

関連記事