美肌のためには肌の水分量を保つことが大切

健康な肌の水分量は40パーセントといわれます。
この水分量は美肌のためには最低必要な量なのですが、年齢を重ねるにつれて水分量は減っていってしまいます。
したがって、年を取っても健康で美しい肌を保ちたいと考えるならば肌の水分量をキープすることが大切です。

セラミドは肌の保湿に効果的

そのためには水分の蒸発しにくい肌を作ること、つまり保湿力のある肌作りが重要です。
天然保湿因子であるNMFは水分と結合して吸収、維持する働きがあるので保湿性に優れています。
NMFを補給するには、普段から発汗をよくして肌の表面から水分を補うのが効果的です。

保湿に最も効果があるとされているのは、セラミドを補給することです。
セラミドは細胞間脂質の主成分で、角層の80パーセントが含まれる細胞間脂質の中にセラミドは40パーセントと半分近くを占めています。
したがってセラミドは肌の水分量をアップさせるために非常に有効で体内で作り出すことができますが、加齢や紫外線の影響などで生成する力が衰えてしまうのです。
生成する力が衰えるとセラミド自体が減少して、その結果角層の水分が蒸発しやすくなり肌の水分量が減ってうらら酵素 販売店しまうのです。

洗顔で内側からきれいになる

セラミドを化粧品などで外部から補うのも肌の水分量を保つために有効な手段ですが、その前にできるスキンケアもあります。
そのひとつが、洗顔です。
正しい洗顔方法を行なうことで、肌の水分量をキープすることも可能なのです。
ではここで、正しい洗顔方法をアクポレスで紹介しましょう。

まず、肌の上にある脂汚れをしっかり落としましょう。
それが残っていると酸化して肌にダメージを与えますし、水分の浸透も妨げてしまいます。
朝と夜の2回行なって余分な汚れを落とすのですが、その際にゴシゴシこするように洗うのはNG、却って肌にダメージを与えてしまうので優しく包み込みように洗いましょう。
洗顔が終わると化粧水をつけるのですが、その際は手ではなくコットンを使いましょう。
手だとムラになりやすいですし、コットンは美容成分が肌に吸収しやすくする性質があります。
最後にクリームをつけてマッサージをすればOKです。

この他、十分な睡眠をとることや生活習慣、食習慣を見直すことなどで細胞レベルからエルシーノ美白美容液で肌を健康にすることができますよ。

関連記事